お金にまつわる役立つ情報
お金にまつわる役立つ情報

覚えておきたい国債の常識

国債とは

国債とは各国家が発行しているもので、国そのものが資金を調達するときに使われるものです。国債は細かくいうと公債のなかの一種であり、公債には地方債と呼ばれる都道府県や市町村単位で発行されるものもあります。これらは基本的に個人などに販売しており、1枚につき額面通りの金額を資金として調達できる仕組みです。

しかし販売しているといっても資金を調達しっぱなしというわけではなく、あらかじめ決められた期日が来たら利息をつけて購入者に返さなければいけません。そのためメディアなどでは国債の発行数を指して「国民に借金がある」と表現することがあります。わざわざ「国民に」と指定するのは、日本国の国債(日本国債)は主に日本人に購入されているからです。

国債を発行できるのはおもに国が指定した中央銀行で、日本では日本銀行が中央銀行にあたります。ただし日本銀行が発行した国債をほかの銀行が販売することは可能です。しかし金利はどれも同じで、そのときどきの市場や経済状態などに応じて変化します。日本銀行は政府とつながっており、金利を操作できる銀行なので、政府の経済状況によっても政府と連携して金融政策を行います。

国債を購入することはおもに国債投資といって投資事業の一環という扱いになっています。なぜなら国債が利息を伴うもので、国そのものに投資するという概念のものだからです。そのため国債投資を行う際にはできるだけ満期日の払い戻しの確実なものが選ばれる傾向にありますが、国債はほかの商品よりもおおむね安全な投資商品となっています。

www.ihre-beispiel-webseiten-url.de
Copyright © 2015 お金にまつわる役立つ情報