お金にまつわる役立つ情報
お金にまつわる役立つ情報

覚えておきたい国債の常識

外国債の投資

外国債に投資する際には格付けやその国の経済状態などをよくチェックしてから購入する必要があります。格付けで低いものは要チェックですし、格付けが低くても上がり調子だったり、逆に短期間の間に下がった経緯がある場合は下がった原因をよく調べる必要があります。

さらに外国債に投資する際にはレートに注意しましょう。とくに先進国はほとんどの国で変動相場制を取り入れているため、1日のうち朝と夜でもレートが変わります。そのため円安になったり円高になったりすることで外国債における利益と損益が決まるのです。投資を行うにあたってレートの知識は必要不可欠ですが、慣れていても読み誤ることは多いので注意が必要です。

レートが変わるということは1円の価値が変わるということなので、債権の価格もレートによって日々変わっていきます。そのため満期日の債権の値段が購入時よりも低くなっていることも有り得るのです。その場合は低くなった分だけ損をすることになります。これが外国債の投資の主だったリスクです。

日頃から気をつけていても、リーマンショックのようにいきなり経済が悪化することもあります。しかも自分が買った外国債の発行元の国以外の経営が悪化しても油断できません。こちらに影響が出る可能性もあります。経済状態の悪化ではなく政治の悪化や治安の悪化なども悪影響を及ぼします。外国債を購入する際には見かけの金利などには惑わされずに多角的にみて判断する必要があるということです。

www.ihre-beispiel-webseiten-url.de
Copyright © 2017 お金にまつわる役立つ情報