お金にまつわる役立つ情報
お金にまつわる役立つ情報

覚えておきたい国債の常識

国債の暴落の危険性

国債の暴落とは、国債の利息を含めた元本を国が個人投資家に返済できなくなることです。国債が暴落するときというのは国債の人気が下がって金利が上がっているときです。金利が低いと国債が売れず資金が集まらないため。、金利を上げていった結果利息の支出がかさんで国債が暴落するというのがカンタンな流れです。

現在は日本国債をはじめいくつかの国債に暴落の危険性があるのではないかと言われています。たとえば日本国債は現在金利が上昇傾向にあります。アベノミクスで景気が上向き傾向にあるというのが理由ですが、金利や物価が上がっても給与の上昇まではまだ到達していないので、単なるインフレではなくリフレの途中で終わる可能性があるといわれているのです。

国債が暴落した場合、手持ちの債権の価値が下がって元手を回収できなくなるのが一番の損失です。それを回避するためにはどうするべきでしょうか。1番簡単なのは、あらかじめリスクを分散するために複数の外国債を購入するやり方です。大きな額を一か所につぎ込むのは危険なので、小さい額をあちこちに拡散して投資するとリスクを最小限に抑えることができます。もちろんその場合は利益が少なくなることがあります。

リスクの大きい国債を購入しつつリスクを抑える方法もあります。たとえば最低金利が保障されている国債を購入することや、短期の国債を様子を見ながら購入することなどです。これらの方法は市場金利の動向のチェックが忙しいですが、国債が暴落したときでも身軽に乗り換えられるようにしておくことでリスクを抑えることができます。

www.ihre-beispiel-webseiten-url.de
Copyright © 2015 お金にまつわる役立つ情報